加齢臭は専用の石鹸を使用するなどして対策しよう

女性

40代頃からの臭い

女性

臭いが発生しやすい場所

40歳を超えた中高年の男女に現れる加齢臭は、自分では気づきにくいのが特徴といえるでしょう。加齢臭は、ノネナールという脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって生じる物質が原因となっています。40代を超えた頃から、ノネナールが増加して加齢臭が起こりやすくなってしまうのです。どのような臭いがするかというとブルーチーズ、ろうそく、押し入れの中の臭い、古いタンスや雑誌などに例えられることが多いでしょう。加齢臭が最も出やすい部分は汗のこもりやすい耳の後ろですが、それ以外にも皮脂腺のある上半身を中心に全身から発生してしまいます。胸まわりは汗の臭いと混ざりやすいので、加齢臭と判断するのが難しい場合もあるでしょう。

臭いの改善方法

自分の加齢臭を確認するには、額や耳の後ろをティッシュで拭いて嗅いでみるといいでしょう。衣服の背中側や枕でも確認することができるのです。加齢臭を対策する方法はいくつか存在しています。脂とり紙や汗拭きシートを使用して、こまめに皮脂を抑えることが大切でしょう。シャンプーのすすぎが足りていない場合、臭いの原因になることもあるのです。肉類の多い食生活は、皮脂の分泌を多くしてしまうでしょう。野菜が多めの食生活に変えることも対策方法の一つです。ストレスは活性酸素を増やしてしまう原因になるのです。臭いの元にもなるので、ストレス発散を心がけることが大切です。加齢集対策グッズも多く販売されていますが、低価格で効果の高いミョウバンが人気となっています。ミョウバンを水で薄めて使用するだけで対策することができるので、手軽に行えるアイテムと言えるでしょう。

Copyright© 2016 加齢臭は専用の石鹸を使用するなどして対策しようAll Rights Reserved.